敏感肌に最適なスキンケア方法~洗顔石鹸でスベスベ肌を作る~

女の人

AHAの濃度が重要

ボディソープ

肌表面の古い角質を取り除くことができる「ケミカルピーリング」は、エステサロンや美容外科で高い人気を集めている美容施術です。フルーツ酸を用いて肌の表面を溶かす効果があり、ニキビやニキビ跡、シワ、シミなどを改善することができます。このピーリングが今では自宅で手軽に行なうことができるのです。サロンやクリニックでは数万円以上する施術が、今では数百円から数千円でだれでも簡単に肌を綺麗にすることができるのです。その方法は、「ピーリング石鹸」です。ピーリング効果のある石鹸を使用して、毎日洗顔をすれば肌の古い角質や汚れをケアすることができます。また、ピーリング石鹸に含まれる酸の濃度は、サロンで使用されるフルーツ酸濃度よりも低いため安心して使用できるのです。とはいえ、肌が荒れやすい人や敏感肌の人は肌の状態を見て、週に3回から5回を目安に使用すると適切です。

ピーリング石鹸に含まれている酸のことを「AHA」といいます。リンゴ酸やクエン酸、乳酸、グリコール酸などをまとめてフルーツ酸と呼ばれています。ピーリング石鹸に含まれているAHA濃度は約1%から10%です。敏感肌の人は最もAHA濃度の低い0.6%から1%以下のピーリング石鹸を選びましょう。また、毎日使用せずに肌の状態をチェックしながら使用しましょう。普通肌の人は4%前後のAHA濃度を選ぶと適切です。毎日の洗顔石鹸として使用したい人は低い濃度を選ぶと安心だといえます。ニキビや脂性肌が気になる人は5%以上のAHA濃度を含んだピーリング石鹸を使用すると適切です。さらに、ピーリング石鹸の泡パックをして、5分以上おくとより効果が実感できます。ピーリング石鹸で顔を洗った後はきちんと保湿ケアを心掛けましょう。いつも以上にケアを行なうことが大切です。

Copyright© 2016 敏感肌に最適なスキンケア方法~洗顔石鹸でスベスベ肌を作る~ All Rights Reserved.